赤鼻はこどもに戻るスイッチ

こんにちは。
QOMコミュニケーショントレーナ-
ケアリングクラウンの
ともちゃん(@rnbs_tomo)です。

QOMコミュニケーションとはこちら
ケアリングクラウンとはこちら

先週末はClown One Japan名古屋2期クラウンアンバサダー・ベーシック講座にサポートメンバーとして参加してきました。

1月に参加した東京講座では行きのバスの中にお土産を忘れるというナイスクラウニングがありましたが、今回は新大阪駅でお土産を買ってすぐにキャリーバッグへ入れて、無事に届けることができました!
よかった!よかった!(笑)

さて、今日は名古屋講座の中で発見した気づきを紹介します。

今回行われたワークの一つに「クラウンの行進」がありました。

1グループ6人で1列に並んで行進するという至ってシンプルなものですが、
ただ行進するのではなく、各グループで相談して一風変わったクラウン流の行進をするというワーク。

私たちグループが考えたのは、大爆笑しながら歩く酔っ払いのクラウンたち!

私はアルコールを1滴も飲めません。
以前は飲めましたが、とっても弱くて楽しむ余裕はありませんでした。
そして現在は全く飲めないので、一生の中で実際にご機嫌な酔っ払いを経験することはきっとないでしょう。

だからこそ、チャンス!とばかりに、ふらっふらの千鳥足で大爆笑しながらご機嫌な酔っ払いクラウンを楽しんでみました♪

赤鼻をつけると自分らしく、いきいきと生きているなと感じます。
そしてその反対に、今回のように自分の人生では絶対に経験できないキャラクターにもなりきることができます。

赤鼻は
時には今この瞬間を飾ることなく生き、

またある時には空想の世界の中を楽しむことができる、

まさに無邪気なこどもに戻ることができる魔法のスイッチなんだなと思いました。

撮影 仁平桃子