子供のころからずっとずっと好きなこと

女の子とタンバリンで遊ぶクラウンともちゃん

こんにちは。
QOMコミュニケーショントレーナ-
ケアリングクラウンの
ともちゃん(@rnbs_tomo)です。

QOMコミュニケーションとはこちら
ケアリングクラウンとはこちら

このブログの初めての投稿。
さて、何を書こうかなと考えました。

パッチ・アダムスとの出会い、
スポーツドクター辻秀一先生との出会い、
クラウンまりちゃんこと金本麻里子さんとの出会い、
ご縁ある方々との出会い、
アトピーや本のことなど書きたいことは山ほどあります。

でもせっかくなので今と同じく「文字を書く」ことが好きだった、子供のころの私「ともちゃん」を題材にした自作の詩を投稿することにしました。

新聞の折り込みチラシの中から裏が白紙のものを祖母が空き箱に選って保管してくれていて、その裏紙に私はいつも文字を書いて一人で遊んでいました。
その風景を思い出しながら、とっても楽しく童心にかえって書いた詩です。

母や母の友人に言われるのは「ともちゃんと言えば、紙とえんぴつ」。
そして中学校くらいのころに誕生日プレゼントにリクエストしたのは広辞苑。
こどもころから「文字・ことば」が好きだった私を表現した詩です。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。

おしごとは しょきがかり
すみのえの おんなのこ
おしごとは しょきがかり
ざいたくきんむ たたみのへやに
つくえは おぜんで せいざです
きんむじかんは ひまさえあれば
おまけに きゅうよは ありません
なのに そのこは しんしょくわすれ
しょきの おしごと せいをだす
しょるいケースは ぶつだんのした
コーヒーギフトセットのあきばこ
はこから いちまい とりだしたるは
スーパーとくばいびのチラシ
「半額」「セール」のもじがおどるが
そんなことは きにもとめず
さっとチラシをうらがえす
さあさあ そろそろ おしごとはじめ
おなまえいりの えんぴつにぎり
テレビのなかから きこえるもじを
カリカリカリカリ かきとめる
いみなんて わかりません
ただ もじをかきとめる
わたしは もじをかきたいの
たっぷりかいて まんぞくしたら
おかおをあげて ぐるっとみわたし
おかしのはこや かいらんばん
カレンダーのでんきやさん
そこいらじゅうの もじたちを
せっせ せっせと かきうつす
ひらがな カタカナ 漢字に すうじ
せっせ せっせと かきうつす
あっというまに しょるいがへって
ほじゅうがかりは はるばあちゃん
ばっさ ばっさと しんぶんひろげ
しょるいさがしに せいをだす
それをよこめに おんなのこ
あしのじんじん きになるが
ひらがな カタカナ 漢字に すうじ
せっせ せっせと かきうつす
そんなこんなで おおきくなった
みぎて なかゆび ペンだこさん
(2018年5月13日作)